読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

javascriptで日付を扱うときに便利なmoment.jsの紹介

javascript moment.js

新人の真崎です。 このアドベントカレンダーもなんとか1周間続けることができました。残り3週間がんばっていきたいと思います。

今回は、javascriptで日時を扱うときに便利なライブラリの紹介を行いたいと思います。 javascriptにもDateオブジェクトはあるのですが、使いづらく簡単な処理であればStringで代用してしまったりします。そこで、試してみたいのが、今回紹介するmoment.jsです。

momentオブジェクト生成

日時情報を保持するオブジェクトです。任意のフォーマットパターンで日時文字列をparseすることができます。

moment();
// => 現在日時のオブジェクト

moment("2013/12/8", "YYYY/M/D");
moment("Dec 8, 2013", "MMM D, YYYY");
moment("8 12 2013", "D M YYYY");
// => 2013年12月8日のオブジェクト

フォーマット出力

任意のフォーマットパターンでStringを出力できます。

moment().format("MMM D YYYY ddd, hh:mm:ss a Z");
// => "Dec 8 2013 Sun, 09:05:04 pm +09:00"

日本語化

langs付きのmomentなら、lang("ja")で日本語に出力してくれます。また、langの設定を別に行うこともできます。

moment.lang("ja", {
    weekdaysShort: ["日","月","火","水","木","金","土"]
});
moment.format("ddd");
// => 日

まとめ

javascriptで日時を扱うときに便利なライブラリであるmoment.jsの簡単な紹介を行いました。 moment.jsには、他にも日付のマニピュレーションの機能が豊富にあったりするので、日付関係で困ったときは試してみてはいかがでしょう。