markdownエディタの紹介

開発部の佐野です。

今回は、markdownエディタについて紹介します。

markdownは書きやすくで便利なので、よく使っています。 しかしローカル上のmarkdownファイルを編集するエディタは、意外と定番のものが無い気がします。 なので個人的に使ってみたmarkdownエディタを紹介してみます。

Haroopad

非常にシンプルで使いやすいと思います。 メモ帳にmarkdownのプレビュー画面が追加されたような感じです。 後述するAtomなどは多機能でタブなども使えますが、もっとシンプルに使うならこちらのほうが良いと思います。 すこしフォントが微妙ですが、設定で変えることができます。

Atom

markdown専用のエディタではなく、様々なプログラミング言語の編集に使えるエディタです。 多機能でカスタマイズも柔軟にでき、様々な機能の追加パッケージが公開されています。

Typora

markdownかつWYSIWYGというユニークなエディタです。 markdownの記法を書くと、自動的に表示が更新されていきます。 普段直接markdownを書くとテーブルなどが少し書きづらいのですが、Typoraはテーブルを作ると専用の操作メニューが表示されて、非常に簡単に編集ができるようになっています。 いきなり表示が更新されることなどから、若干操作しにくい感じはありますが、おもしろいエディタだと思います。

markdownエディタの紹介は以上です。

markdownはシンプルで覚えやすく、日常のメモ書きから開発資料まで幅広く役立ちます。 このブログも含めてmarkdownで書けるサービスも数多くありますので、試してみてはいかがでしょうか。